遺言の形式

遺言は,遺言者の真意を確実に実現させる必要があるため,厳格な方
式が定められています。その方式に従わない遺
言はすべて無効です。「あの人は,生前こう言っていた。」などと言っても,どうにもなり
ません。録音テープやビ
デオにとっておいても,それは,遺言としては,法律上の効力がありません。遺言の方式には,自筆証書遺言
証書遺言秘密証書遺言という,3つの方式が定められていますので,このそれぞれについて,その概要と,メリット,デメリットは以
下のとおりです。

公正証書遺言

公正証書遺言は,遺言者が,公証人の面前で,遺言の内容を口授し,それに基づいて,公証人が,遺言者の真意を正確に文章にまとめ,公正証書遺言として作成するものです。したがって,複雑な内容であっても,法律的に見てきちんと整理した内容の遺言にしますし方式の不備で遺言が無効になるおそれも全くありません。公正証書遺言は,自筆証書遺言と比べて,安全確実な遺言方法であるといえます。

また,公正証書遺言は,家庭裁判所で検認の手続を経る必要がないで相続開始後,速やかに遺言の内容を実現することができます。さらに,原本が必ず公証役場に保管されますので,遺言書が破棄されたり,隠匿や改ざんをされたりする心配も全くありません。

秘密証書遺言

秘密証書遺言は,遺言者が,遺言の内容を記載した書面(自筆証書遺言と異なり,自書である必要はないので,ワープロ等を用いても,第三者が筆記したものでも構いません。)に署名押印をした上で,これじ,遺言書に押印した印章と同じ印章で封印した上,公証人及び証人2人の前にその封書を提出し,自己の遺言書である旨及びその筆者の氏名及び住所を申述し,公証人が,その封紙上に日付及び遺言者の申述を記載した後,遺言者及び証人2人と共にその封紙に署名押印することにより作成されるものです。 

上記の手続を経由することにより,その遺言書が間違いなく遺言者本人のものであることを明確にでき,かつ,遺言の内容を誰にも明らかにせず秘密にすることができますが,公証人は,その遺言書の内容を確認することはできませんので,遺言書の内容に法律的な不備があったり,紛争の種になったり,無効となってしまう危険性がないとはいえません 

また,秘密証書遺言は,自筆証書遺言と同じように,この遺言書を発見した者が,家庭裁判所に届け出て,検認手続を受けなければなりません