登記費用について

登記費用について

■ 電話又はメールにての問い合わせで一番多いのが費用がいくら
かかるのか? という大変重要なことです。

質問を受けて明確に「費用は〇〇〇です」と答えることができれば
いいのですが・・・・

■ 登記費用は大きく分けて「登録免許税(→名義変更等をするた
めに国に収める税金)」と「司法書士報酬」あとは「実費(→交通
費とか登記簿謄本取得時の印紙代等)」の合計額となります。
登録免許税と実費についてはご自身で手続きをされても必要となる
費用なので、残るは司法書士報酬となります。

この報酬については例えば「相続による名義変更」の場合ですとそ
の名義変更をする不動産の評価額によって変動します(この点は登
録免許税を算定する場合も同じです)。なのでその評価額がわから
ないと計算しようがないのです。

また登記によってはその名義変更のみを予定してご依頼を受けても
その前提となる別の手続きが必要となるケースも多々あります。

■ 上記の理由から明確な費用をお知らせすることはできませんが、
費用の検討もつかないということではご不安だと思いますので参考
までに一般的な費用を下記に提示しております。

  正式なお見積もりはお気軽にお問合せください
         (お見積もりは無料です)

司法書士報酬のめやす

■ 相続による不動産の名義変更 (その他、贈与・離婚による財産
分与等の所有権移転)

名義変更する不動産の所有形態・数、所有者が亡くなる前や後に亡く
なった相続人の有無、相続人は子供なのか兄弟姉妹なのか等により作
成が必要となる書類の内容が異なります。
当事務所の例では、戸建の不動産の場合で複雑でないケースでは大体
4万円から8万円位が殆どです。

名義変更に必要となる書類をご自身で集められるのか否かによっても
報酬が異なります。

ご自身で動いて戴くことが可能な場合には当方よりご案内させて戴き
ますので、ご自身で書類を集めて戴く(当事務所で要領をご説明しま
す)ことにより費用を抑えることが可能です。

正式なお見積もりは、必要書類をご持参戴きお気軽にお尋ねください。